埋没毛について

埋没毛の悩み埋没毛は、毛が皮膚の外に出られずに、皮膚の中に閉じ込められてしまっている状態の毛のことです。

いっぱいあると、黒いポツポツになって見えたり、皮膚の中で横に伸びているのが透けて見えたりと、見た目はかなりカッコ悪いですね。

この埋没毛は、一体どうしてできるのか、その原因や治し方、また埋没毛にならないようにする予防法も、見ていきましょう。

埋没毛の原因

間違った処理方法埋没毛の原因は、間違ったムダ毛処理です。

特に、カミソリでの深剃りや逆ぞり、また毛を抜くといった処理をすると起こります。

埋没毛ができてしまうようなムダ毛処理の方法は、毛穴や肌も痛めてしまってキレイではないので、これを機に改めましょう。

埋没毛の対処法

埋没毛ができてしまったらどうすればよいのでしょうか。

自分で毛を取り出すのは危険

残念ながら、自宅で安全に埋没毛を取り出す方法はありません。カッターや針でほじくり出す人もいますが、これをやると一生消えない跡が残ってしまう場合がありますので、絶対にやらないでください。

どうしても今すぐに毛を取り出したいという人は、皮膚科に相談してみましょう。

放置すると毛はなくなる

埋没毛治療のポイントではどうすればよいのか、というと、放置するのが一番です。

放っておくといつの間にか毛は外に出てなくなります。数週間~長いときは数年かかる場合もありますが、辛抱強く待ちましょう。

少しでも早く治したい場合は、角質ケアをしっかりと行って肌を柔らかくして、毛が外に出るチャンスを作ってあげましょう。

埋没毛の予防法

埋没毛ができないようにするのは、間違ったムダ毛処理をやめることが一番です。

毛抜きやワックスなど、毛を引く抜くような処理方法は絶対にやってはいけません。カミソリもオススメはしませんが、やるならば毛の流れの沿って軽く充てる感じで行いましょう。

オススメは電気シェーバーです。深剃りにならず、毛穴や肌にも優しい処理方法です。

「脱毛」が最強の予防方法

脱毛で埋没毛の予防でもやっぱり、一番のおすすめは「脱毛」です。脱毛してしまえば毛が生えてこないので処理する必要もないし、いつでもツルツルで綺麗です。

今は脱毛が当たり前の時代です。1,000円もあれば脇の脱毛が完了してしまいますので、やらない手はありません。

「埋没毛について」への1件のフィードバック

  1. 私は脱毛は自己流で、主に「抜く」方法で脱毛していました。しかしこの記事を読んで、抜くやり方が一番駄目なことがわかり、とても参考になりました。脱毛は少し怖いようなイメージがあり、今まではどちらかというと避けていましたが、たった1000円でワキの脱毛ができてしまうなんて知りませんでした。やっぱり埋没毛は見た目にもよくないし、なにより自分がイヤなので、電気シェイバーか脱毛を前向きに考えてみようと思いました。

コメントは受け付けていません。