埋没毛の出来やすい部位

埋没毛ができやすいのは「太くて強い毛」「先のとがった毛」そして、出来やすいところとしては「皮膚が柔らかく、生える方向がバラバラの部位」の毛です。

埋没毛の出来やすい部位

部位埋没毛が発生しやすい部位としては、ワキ・足(スネ・ヒザ・太もも・ふくらはぎ)・Vライン(ビキニライン)・うで・二の腕・眉毛です。 これらの部位の中で、眉毛は特に「カミソリで剃る」か「毛抜きで抜く」しか処理の仕方がないので、埋没毛の原因になります。

ワキやビキニラインは、生えている方向がバラバラです。そのため、カミソリを使うと、逆剃りになったり、深剃りになるため、埋没毛の原因になります。また、下着や洋服などで蒸れたり、擦れたりするため、その刺激で赤いポツポツができてしまい、痒くなってついついかきむしってしまうなどするため、そこから傷が付いて毛穴をふさいでしまいます。

太くて強い毛という点では、スネ毛も埋没毛になりやすい部分です。処理方法の多くが、広い範囲をいっぺんに処理できる「ワックス」や「脱毛器」あるいは「T字カミソリ」のため、毛穴に傷が付きやすくなるからです。 男性のヒゲなどでも埋没毛は発生します。しかも、一度発生した埋没毛は、同じような場所で再発することも多いのが特徴となっています。