埋没毛の原因

埋没毛ができる原因は、皮膚細胞の再生が大きく関係しています。毛穴が傷つけられたことで、皮膚細胞がすぐにその傷を修復させるため、かさぶたを作ります。さらに、傷が治る時に周囲の組織と癒着して毛穴を完全にふさいでしまいます。行き場を失った毛が、埋没毛となって皮膚の中に閉じ込められます。

「剃る」「抜く」は御法度の埋没毛

毛抜きで抜くと埋没毛の原因は、間違った脱毛方法にあります。特に皮膚が傷つくような脱毛方法とは「カミソリで剃る」「毛抜きや脱毛器で抜く」「ワックスではがす」です。 たとえば、カミソリで剃る場合、深剃り、逆剃りをしてしまうと皮膚を傷つけてしまい、埋没毛の原因になります。毛を抜く場合にも、うまく抜けずに途中で切れてしまい、その毛の先端がとがっていると、皮膚を貫通してそのまま埋没毛となってしまいます。

毛を抜くタイプの脱毛器にも注意しなくてはなりません。このタイプの脱毛器は、毛の生えている方向を無視して、強引に引っ張って毛を抜きます。そのため、途中で切れてしまい埋没毛ができやすくなります。同じ理由でワックスも毛の流れをしっかり見てはがさないと埋没毛ができやすくなります。

埋没毛をさらに悪化させる原因とは

ばい菌が一度できてしまった埋没毛は、皮膚の中でぐるぐると巻いていたりしてとても気になるものです。しかも、皮膚のすぐ下、皮一枚のところにあるため、ついつい爪や針などで、皮膚をはがして、取り出したくなります。しかし、それをやってしまうと、よけいに肌を傷めてしまいます。

傷付いた毛穴から、ブドウ球菌などのバイ菌が入り込むと毛嚢炎になってしまい、赤く腫れあがってしまうこともあります。こうなると皮膚科での治療が必要となります。さらに、その跡が、色素沈着を起こしますからシミの原因にもなります。