埋没毛は、一度なると再発しやすい

埋没毛は、一度なると再発しやすくなります。その主な原因は、毛穴が広がってしまうからです。また、無理にこじ開けて引き抜くなどの処置をしていると、毛穴自体の形が変形してしまい、毛穴からまっすぐに毛が生えてこなくなるため、埋没毛になりやすくなります。

埋没毛が気になりだしたら、すぐにカミソリや毛抜きの処理を中止して、毛穴にダメージの少ない脱毛方法に変えましょう。

毛穴の傷は炎症を起こしやすい

傷から毛穴の傷は、普通の皮膚の傷よりも非常に炎症を起こしやすい環境にあります。それは、毛穴の中には皮脂成分があるため、バイ菌が入り込みやすくなるからです。

赤いボツボツの状態になり、非常にかゆみを伴ないます。特に下着などの摩擦が多いビキニラインでこの症状が強く現れ、無意識にかきむしってしまうと、傷口が広がりさらに癒着が進んで埋没毛の再発を促してしまいます。 

「埋没毛は、一度なると再発しやすい」への1件のフィードバック

  1. 埋没毛は一度なってしまうとまたなりやすい、というのは、とてもショックな話ですね。毛穴が広がるなんて、聞くだけで恐ろしくなってしまいます。見た目にもきたないし、無理な自己処理は絶対にしないほうがいいということなんですね。カミソリや毛抜きは、これからは絶対にやめようと思いました。

コメントは受け付けていません。