少しでも早く治したい場合は

埋没毛になってしまったら、放置しておくのが結局は一番安全な方法です。しかし、目立たないところならまだしも、ノースリーブや水着を着る時、ワキやビキニラインにまるでホクロのような埋没毛がいくつもあったら、気になって仕方がありません。なんとか少しでも早く治す方法はないものでしょうか。

ピーリング剤を使ってみる

どうしらいい?ケミカルピーリングは、酸性の薬剤をお肌に塗ることで、角質を取り除きます。お肌のターンオーバーを促す働きがあるため、埋没毛を早く表面に押し上げてくれます。

従来のケミカルピーリングの種類としては、サルチル酸が有名でした。しかし、ピーリング効果の高さがあるかわりに、痛みや炎症などの副作用も多くみられました。 しかし、グリコール酸ピーリングが出て、ピーリング効果はそのままで、痛みがなく翌日からメイクもできるくらい刺激がないため、手軽で効果的なピーリングとして人気があります。

角質ケアを十分にする

埋没毛のできやすい下半身であれば、ピーリングジェルで角質を落としていけば、埋没毛も改善されてきます。これは毎日しなくても1週間に1度くらいで十分です。

しかし、ワキやデリケート部分では、あまり強いピーリング剤を使用すると、肌に刺激があり過ぎてしまうかもしれません。肌への負担を考えると、こうした柔らかな部分には、ピーリング剤よりも乾燥を防いだり、角質を柔らかくするようにクリームなどでケアをしておきましょう。

「少しでも早く治したい場合は」への1件のフィードバック

  1. いくら埋没毛は放っておくに限る、と読んでも、私はどうしても気になってしまうんです。そんなときはケミカルピーリングがいいんですね!初めて知りました!肌にできるだけ負担をかけたくないとは思いますけど、やっぱり埋没毛はとても気になるので、なんとか頑張って処理したいと思います。

コメントは受け付けていません。