埋没毛の予防方法

埋没毛の予防方法はズバリ、毛抜きやカミソリを使ったムダ毛処理を止めることです。ムダ毛を剃ったり、抜いたりすることは、皮膚にとって、軽いけがと同じことです。すぐに皮膚細胞が傷口をふさごうとして、毛穴をふさいでしまいます。この原理を知れば、埋没毛の予防もできます。

間違ったムダ毛処理をしない

ダメ埋没毛の一番の原因は「間違ったムダ毛処理」です。これは、カミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたり、抜くタイプの脱毛器も埋没毛の原因になります。ムダ毛処理の方法を、カミソリや毛抜きから、電気シェーバーに変えます。電気シェーバーでの処理が一番低刺激で、カミソリ負けしにくく、毛のみを剃り落としてくれるので、肌へのダメージは最小限に抑えてくれます。

埋没毛は毛が角質に埋もれている状態ですから、徹底的に保湿を心がけて皮膚を柔らかくしておきます。そしてスクラブでのマッサージなどを繰り返しながら、かぶさった角質を取り除き、埋没毛が出てきたところで、電気シェーバーで処理します。

脱毛する

サロンで脱毛ちょっと金額は高くなりますが、永久脱毛してしまうのがのちのちとても楽ですし、脱毛が原因の埋没毛になることもありません。特に、ワキやデリケートゾーンなど曲線や柔らかいところは埋没毛になりやすいところです。永久脱毛をすることで、自己処理をすることがなくなりますから、埋没毛とも永久にオサラバできます。

最近は、脱毛サロンでも価格を下げていますから、キャンペーンや紹介など、あるいはお試しでワンコインで脱毛できるところもあります。駅に近いところにあり、仕事帰りにちょっと寄っていくこともできるので、埋没毛に縁のないツルツルの肌を手に入れられます。