間違ったムダ毛処理をしない

埋没毛の一番の原因は「間違ったムダ毛処理」です。これは、カミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたり、抜くタイプの脱毛器も埋没毛の原因になります。

カミソリで剃るとできる埋没毛とは

カミソリで処理するとカミソリでムダ毛処理をすると、どうしても見えない傷ができてしまいます。この傷が毛穴にできてしまうと、皮膚の再生によって素早く傷をおおうことになります。つまり、毛穴を塞いでしまいます。

そうなると、出口を失った毛は皮膚の内部で成長を続けることになり、横に伸びたり、トグロを巻いた状態になり、見た目にもかなり汚くなります。

毛を抜くことでできる埋没毛とは

毛抜きで丁寧に1本1本ムダ毛処理をしているつもりでも、なかには毛根まで抜けずに途中で切れてしまうものもあります。もしその途中で切れてしまった毛の切り口が尖っていたりすると、毛穴からまっすぐ出ずに、皮膚を突き破って、横に伸びてしまって埋没毛になります。

毛抜きで処理してもこうなるのですから、いっぺんにムダ毛を処理する脱毛器やワックスは、埋没毛の大量生産につながるといっても過言ではありません。

一番埋没毛になりにくいのは電気シェーバー

このように自己処理はいろいろありますが、一番肌にやさしく毛穴にもダメージを与えない処理方法は電気シェーバーです。できれば女性専用のシェーバーを使いましょう。

男性用の電気シェーバーはその形状がワキやエチケットラインに向いておらず、剃り残しなどが出てしまうことがあります。シェービングローションなどを使って、肌に優しく処理しましょう。

「間違ったムダ毛処理をしない」への1件のフィードバック

  1. どうしても自分でムダ毛処理をすると、こういった埋没毛ができてしまうんですよね。わかってはいるんですけど、処理をしないわけにはいかないし…で、悩みどころではあります。電気シェイバーでの処理が、一番埋没毛になりにくいなんて、初耳です。今までは1本1本抜いて処理をしていたので、これからは電気シェイバーに切り替えようと思いました。間違ったムダ毛処理って知らない間にしてしまっていることが多いので、こういったことを知ることができてよかったです。

コメントは受け付けていません。